横浜のロックイベントHigh Timeのブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2009.11.25 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

The Mirraz

ちょっと久々すぎる更新。
いかんいかん。

High Time Vol.8は今月28日に開催です!


ところで、最近The Mirrazがかなりお気に入り。
『NECESSARY EVIL』、必要悪ね、いいよー。

パッと聴いた瞬間に「アークティックモンキーズじゃん!」って思ってしまうかもしれないけど、そこで感想が終わってしまうのはもったいない。
他にやってる人いないし、インタヴューとか読んでもけっこう確信的だし。リリック読むとわかる気がする。いいリリック書いてるよなあって思う。

思いっきり「パクリ」がテーマになってる1曲目、「check it out! check it out! check it out! check it out!」がいいよー。ロックンロールですがな。
もちろん他の曲もいいし、11曲38分ジャストっていうのもすごく気持ちいいし。
ぜひぜひ聴いてほしいなぁって思ってPVを貼ろうと思ったら、ジュゲム、今動画貼れないの?よくわかんないなあ。
とりあえずURLだけでも、と思ったのでぜひ下記リンクから見にいってください。
http://www.youtube.com/watch?v=lmUP-lLffLo

他にも「シスター」とかいい曲が多いですよー。
「check it out!〜」のリリック聴き取れないと思うので、The Mirrazのサイトから引用しておきます。

zukky

* * *

あー曲が生まれないって出来たのがこの曲
決してパクりじゃございません
そんな裏話はロッキンオンで言えばいいって?
そうです僕はただの泥棒です
シャムネコチシャネコ泥棒ネコ
もうなんとでもお気に召すままにお呼びくださいませ
オラを馬鹿にするのはかまいません
でもファミリーへの罵声は許しません

チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な
チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な

アートはもう出し尽くされたって誰かが言ってた
現代はこうだ 模倣だサンプリングだの
固まりで新しいものが出来上がってるんだそうで
アートとポップミュージックを
一緒にする気はないよ 商売は繁盛
つまりは技を借りるぜ天津飯
チャオズは置いてけ、銃も置いてけ

チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な
チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な
チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な
チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 無敵だ

おっとこいつはビースティボーイズ?
こいつは引用です ガタガタつまんないこと言うなよ?
なんなら作詞作曲はマイクD
印税だって差し上げちゃって
2パーや3パーの印税なんか
いらねーくだらねーなめんなふざけんな
名誉、マネー、目当てにバンドやってんじゃねーんだよ
そんなもんは燃えるゴミの日にぽいだ

すごいすごくないはどうだっていい
ただ信じたいミュージック鳴らすだけ

チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な
チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な
チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 的な
チェックッ!
チェッ チェッ チェッ チェッ チェケラッ!
ワーオ! ワッ ワッ ワッ ワッ 無敵だ


The Renaissance

インフルエンザ、風邪ともに流行ってますね。
ボクは先週風邪をひき、会社を3日も休み、今日になってようやく回復しました。
みなさんお気をつけ下さい。

そんなことより、最近買ったCDでオススメなのがQ-TIPの『The Renaissance』なり。
昨年の11月に出たアルバムなんですが、もっと早く買えばよかったと思わずにはいられない。

完全なるヒップホップアルバムではあるけど、ファンクでもありソウルでもあり。
Q-TIPの鼻にかかる独特の声は相変わらずかっこいいし。
音もやばい。硬さと柔らかさが絶妙なバランスで、太く、あたたかく。

あまりヒップホップで好きなアーティストは少ないんだけど、やっぱりQ-TIPはかっこいいなぁ、と改めて思い知らされるアルバムです。
これは絶対買って損なし!
by zukky
The Renaissance
The Renaissance
Q-Tip

2008年ベスト その1

何年か経って振り返ったときに確実に「意味のある年だった」と語られるであろう2008年。本当に豊作でした。
こんな年に「ベストアルバム」を選ぶのはとっても難しい。

けど、超個人的に選びます。
でも1枚には絞れないので、何枚か選びます。

まずは1枚。
MGMTの『Oracular Spectacular』です。
2008年はホントに傑作が多かったので、これが「ベスト」とは言い切れないけど、インパクトで言ったらMGMTとBlack Kidsは凄かった。
特にMGMTはサイケでポップでダンスで。音も太いしね。
いろんな意味で2008年を象徴するアルバムだと思います。
「Kids」はHigh Time以外でもDJをする時にはよく使いました。

MGMT最高!2ndアルバムのプロデュースがケミカルってのも気になるけど(笑)!
by zukky

Oracular Spectacular
Oracular Spectacular
MGMT

Friendly Fires

このブログで、もう何枚か「このアルバムはヤバイな!」とか書いてきたけど、とうとう今年最高のアルバムに出会いました。
今年、コレを超えるアルバムは出るんだろうか?とさえ思います。

そう、「Paris」でおなじみのFriendly Firesの1stアルバム、『Friendly Fires』です。

もう、ドンピシャだよね。「今」って感じがする。聴いてるとすっごくワクワクするんだよね。もう何も言うことない。っていうか説明できない。

ものすごくダンスフロア向けなアルバム(全曲最高のダンス・トラック)なんだけど、なによりすごいのが、全曲が完全なるポップソングだってこと。
だって全10曲中、4分台が1曲のみ。残り9曲は全て3分台!そしてメロディがすごくいい。
これこそほんとにダンスミュージックとポップミュージックのハイブリッド。
リズミックで、コーラスワークとかもキレイで、ダンサブルで。
こんなアルバムを待ってました!って感じ。

どういうバンドが近い?って思うんだけど、あまり思いつかない。強いて言えば、たいして近くないかも知れないけど、LCD SoundsystemとかThe RaptureとかのDFA周辺。ベースラインとリズムとか、意外と甘いメロディとか。ギターの音もとっても鳴ってるし。うん、かっこいいよ!
んー、いや全然似てないかも(笑)。

とにかく「〜っぽい」とかって説明するのがバカらしい感じさえするアルバムです。

これはほんとにオススメ。今まで書いてた中でイチバンにオススメ。全曲が良くてびっくりした。
もうこの前買ったLate Of The Pierとか飛んじゃったもん(笑)。もちろんあれもいいアルバムですけど!

今年はかなりの当たり年だと思うんだけど、今んとこはこのFriendly FiresとBlack Kidsがちょっと抜け出てるかな。

いやー、もう最高なんです。

ビデオはFriendly Firesの「Paris」で。まだ聴いてない人はぜひ!絶対欲しくなるから!
あぁ、わかってる。名曲だ。

今日の1曲 Paris / Friendly Fires
by zukky

Friendly Fires
Friendly Fires
Friendly Fires

あぁ、説明できない

なんだこのアルバム(笑)。なんでもありじゃん!そしてかなりいい!
エクレクティックって言ってしまえばそのまま。
アヴァランチーズとかゴー!チームが好きな人は絶対好き。
個人的には一人ユニットってとこもけっこうポイント高い。
もうすぐ夏も終わるけど、夏にオススメのアルバムですよー。

Disastro
Disastro
Sonny J

Partie Traumatic

コレはまた凄いアルバムだー!

僕が聴きたいものが全て入ってる。
キラキラしてて、切なくて、ポップで、ダンス。
うわー、もろ80年代!な感じで(笑)、「絶対こいつらNew OrdeとかThe Cureが好きだろ?」っていうサウンドがたまりません。
全10曲っていうのもかなり僕好み。

2008年後半、最初の傑作だと思います。
コレはホントにオススメです!

zukky
Partie Traumatic
Partie Traumatic
Black Kids

I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How To Dance With You



最近お気に入りのシングル。
とってもキラキラしてて、とってもポップで、でもなんかちょっと切ない。
なんだろー、不思議な感じ。タイトルやけに長いし(笑)。

イントロのギターリフのコード進行だけでなんかもうグッとくる。これはズルイ!と。

「僕は君のボーイフレンドに君と上手く踊る方法なんか教えない」っていうタイトルだと思うんだけど、がんばって最初の歌詞を聞き取ると「君は私がずっと夢見てた女の子/私が小さな女の子の頃から」って歌ってる気がするんだよな(笑)。なんだこの歌詞。気になる(笑)。

プロデュースは僕の大好きな(最近売れっ子の)バーナード・バトラー。
夏にはアルバムが出るそうです。楽しみー!

by zukky
I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How to Dance with You
I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How to Dance with You
Black Kids

hadouken!

まだ買ってないからレビューも何もないんだけど、ついに出たhadouken!のアルバムが欲しい。
ここらへんのバンドってずっと聴いてるとちょっと飽きちゃう時もあるし、たまにどれも同じに聴こえちゃうときもあるんだけど(笑)。

hadouken!の『Music for An Accelerated Culture』はちょっとだけ試聴したけど、なんかなんでもありな感じで面白かった。
たぶんこれは買うだろうなー。

by zukky

Music for An Accelerated Culture
Music for An Accelerated Culture
Hadouken

Do You Like Rock Music?

High Time DJ陣が、それぞれオススメのアルバムや、
「ここらへんをDJで使うかもよぉ」
というアルバムを、独断と偏見で(笑)紹介する、ミュージックレビュー。

まずはわたくし、ズッキーのオススメ。

Do You Like Rock Music? / British Sea Power

今年最初に「これはヤバイ!」と思わされたアルバム。

British Sea Powerといえば、1stアルバムやライブの様子から、なんだかアートっぽい雰囲気を持ったバンドで、好きなバンドではあるけど、ちょっととっつきにくい印象があったことも事実。
小難しく感じてしまうというか。

そんなわけでこの3rdアルバムについても実はそれほど期待してなかった。
ただ「アルバムのタイトルはいいなぁ」と思ってた。
「ジャケットも雰囲気あって僕好み」だなんて思ったりもしてた。

とりあえず一度聴いて腰を抜かした。
「このバンドってこんな音だったっけか?」と。
まるでシューゲイザー的な轟音かつフィードバックたっぷりのギターの音に、なんかちょっと靄の奥でなっているような感触。
思いのほかシンプルなメロディにストレートな曲構成。
なんとなく暗い印象を持ってたバンドなんだけど、けっこう「陽」なイメージを受ける曲が多い。

単純な僕は、「おぉ!これはアートだろ(笑)!」と。
こういうアルバムなら「Do You Like Rock Music?」っていうタイトルをつけてもよし!なんて勝手に思ったりした(笑)。

オススメトラックを、と思ってさっきから聴いてるんだけど、全曲いい(笑)!
これはほんとに捨て曲なし!
アメリカのバンドには作れない、いい意味で「いかにもイギリス的」なアルバムだと思います。

by zukky
Do You Like Rock Music?
Do You Like Rock Music?
British Sea Power

Next High Time
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend music
links
search this site.
others
 iTunes Store(Japan)
みんなのブログポータル JUGEM